【ほんのりピンクがかった白いアカツメクサ:長野県東御市】2015.6.12


2010年6月、オオルリシジミの撮影で東御市を訪れた時、ピンクの普通にあるムラサキツメクサとも言われるアカツメクサの中に、ほんのりとピンクがかった白いアカツメクサを見つけました。
白花変種かどうかは分かりませんが、薄いピンクが非常に印象的でした。

ほんのりピンクがかった白いアカツメクサ:長野県東御市 2010年6月撮影

この花にオオルリシジミが止まってくれないかなと、ほのかな期待を持ちましたが、舞ってくるような気配はなし。
待っていても、ちょっと離れたところで吸蜜しているオオルリシジミたちが、わざわざこの花に舞って来るのはいつのことか・・・
そんな気持ちで、この場から離れたのを覚えています。

ほんのりピンクがかった白いアカツメクサ:長野県東御市 2010年6月撮影

白花でなくても、アカツメクサの周辺をオオルリシジミが舞っている姿は、地元の皆さんにとっては、ごく普通のことでしょうね。

オオルリシジミ、見たことがありますか?こんなチョウです。
http://peco.4-two.com/chou---mushi-no-heya/kitamimaki-no-oorurishijimi
オオルリシジミ:長野県東御市 2010年6月撮影

あれ!?どこかで見たような写真。そうです、私がホームページのヘッダーとしてずっと使っているのが、この時のオオルリシジミの画像です。

希少種のオオルリシジミにとっては、タンポポだけではなく、このアカツメクサも大事な吸蜜源となっているようです。
しかし、アカツメクサ自体は帰化植物として、あまり大事にされる植物ではないようですね。

そうは言っても、このほんのりとピンクがかった優しい色のアカツメクサ、この青い翅のきれいなオオルリシジミの舞う東御市で、いつまでも咲き続けて欲しいですね。


《関連記事》

オオルリシジミのことは「ついついあちこちニュース」の中で扱っています。こちらをご覧ください。