【(終了)被災地の皆さん、バッグをどうぞ:横浜市荒井寿実さん】2011.10.9



バッグはすべて受け入れ先が決まり、13日に発送致しました。ご協力感謝致します。

 東京都墨田区のバッグ製造会社K社の荒井寿美さん(横浜市在住)は6日、被災地の皆さんに使ってほしいと、35種、43点の新品のリュックサックや、ショルダー、手提げバッグなどをついつい企画に送って下さいました。

  K社は何種類ものバッグを作っていますが、製造の工程で、ちょっとした傷などがあるアウトレット商品ができてしまいます。見た目に分かるものもあります が、そのほとんどは普通に見ただけでは分からないことが多く、荒井さんはそうした商品を東日本大震災の被災地の皆さんに使ってほしいと、自ら現地にも足を 運び、多くの皆さんにバッグを支援して来ました。

  今回、岡本治海さんを通して、311HELP.comのコアメンバーの私に、被災地の皆さん用にと、たくさんのバッグを託して下さいました。すでに岩手県 のボランティアさんで、毎週のように現地に支援物資を届けいる方と、陸前高田市で仮設住宅の皆さんの必要をお聞きしてマップに書き込んでくださっている方 などに、お送りすることが決まっています。
 クリックしてください

ショルダーバッグ(全12種類)








《被災地の皆さんと、ボランティアの皆さんへ》

  もし被災地の皆さんの中で、商品が欲しいと思われる方がおられましたら、ぜひ声を掛けてください。掲載写真の中で、すでに予約が入っているものもあります が、商品番号などを言ってくだされば、お送りできるものがあるかもしれません。ご近所などでまとめてくだされば助かります。被災地に皆さんには無償でバッグをお送りします。

《被災地以外の方へ》

 被災地の何ヶ所にも送るには送料がかかってしまいますので、一部のバッグを販売し、その代金を送料に当ててます。

 もし買ってもいいと思われる方には、定価の半額でお譲りします。ものによっては3分の1程度にします。送料の実費はご負担ください。声を掛けてくだされば、納入方法などを打ち合わせの後に、送らせていただきます。収益金はすべて送料、梱包費用などに充てさせていただきます。若干傷などがありますことと、返品交換はできないことを、あらかじめご承知置きください。

 問い合わせは、ついつい企画 田原富美子

 ついつい企画