【ちょっと幻想的だよね 赤いイオウゴケ:長野県北アルプス山麓松川村】2015.7.9


松川村で見つけました。なんだかとっても幻想的ですが、この空間に足を踏み込むとしたら、ちょっと勇気がいりませんか?
マッチ棒の先っぽみたいにも見えますが、おとぎ話に出てくる赤い屋根の白い巨塔のようにも見えたり。

白い塔の周りには、黒い妖怪がうろうろしている・・・
なんだか、怖そう。


赤い屋根を上から見ると、赤い唇のようにも見えますが、決して魅力的な唇とも言えませんね。
噛み付かれそう〜!
黒い妖怪どもが、諸手を挙げて襲ってきそう!


こんな空間に足を踏み入れるとなると、ちょっとビビってしまいますが、もうちょっと目を離して見てみましょう。


こんな草の茂みにあります。

もう分かったでしょうか。

実は高さがせいぜい1、2センチ程度のイオウゴケと言う、赤いコケなんです。こんなコケが、松川村にあるんです。
普通のコケは湿度の高いところに生えるのに対して、このコケは、そういうところではなく、湿地という条件が近くにあることも必要でしょうが、どちらかというと、ちょっと日当たりが良い、乾燥気味のところに生えています。

栃木県ではレッドデータブックに掲載されていますが、長野県では載っていないので、きっとあちこちで見かけることができるのでしょうね。

接写レンズで撮ると、マクロの世界は不気味な空間にも見えてきますが、実際に見ると、綺麗だなって思えます。
ぜひ探してみてくださいね。

Comments