【ケシズリ?:北アルプス・ケンズリ(剣吊)】2013.5.22


この稜線の名前を知っていますか?北アルプス餓鬼岳から南の東沢岳に至る稜線で、地図上では「幅員1.5メートル未満の道路」として表示されています。

餓鬼岳(右)から左側(南側)のでこぼこがケンズリ:生坂村から 2013.5.17

地図は5万の1で、実はこの稜線の道は「ー ー ー ー ー ー ー」と、点線で示されています。

稜線には名前があり、点線にかかるようにその名前を記してあり、「ケシズリ」と読めます。


ケシズリ?何のことなのか分らず、大町方面の方言かな?と思いましたが、ちょっと腑に落ちません。消しゴムの砂消しのようなイメージで「消し擦り」かな?とも考えました。一回そうイメージすると、どんなに見直してみてもそう読めるのです。


山の名前の再確認もあって、山に詳しい友だちに電話を掛けました。返って来た答えは「ケンズリだよ。剣を吊ると書いたケンズリでね・・・」。


でも、地図では拡大して見てもやはり「ケシズリ」で、ケンズリではありません。地図の地名が間違っているとも思えず、何度も拡大鏡で確認。


すると「ー」にまたがって斜めに字が書かれているために「- -」と途中で線が切れ、点のひとつに「ン」の字が重なり「シ」となっているではありませんか。


私の読み間違いであった訳でも、誤字であった訳でもなく、点線に文字を重ねた構成の段階で、たまたま生じたハプニングだったのです。


そんな訳で、私は山の名前と結びつけて餓鬼岳のケンズリをひとつ覚えました。餓鬼岳には登っていないので、その名を聞いたことがなかったのですが、撮って来た写真を見ると、岩がごつごつしていそうで、あたかも天から剣をたくさん吊るしたような山に見えますよね。


とんだ笑い話になりましたが、一回登ってみたいものだなと思った次第です。

この餓鬼岳と南側の東沢岳を結ぶケンズリは、生坂村や池田町からも見ることができます。機会があったら登ってみてください。


北アルプス 餓鬼岳の剣吊




Comments