PIXTA登録写真 北アルプスと雪景色:長野県北アルプス山麓松川村・池田町・大町市境付近から


PIXTA登録写真
北アルプスと雪景色:長野県北アルプス山麓松川村・池田町・大町市境付近から

安曇野市の犀川や大町市の木崎湖などに毎年のようにコハクチョウが越冬に来ていますが、大町市、池田町、松川村境の水田にもこの2015年は来ました。水田の持ち主の方が、冬の間も水を張ったからだと思います。

そうした水田を数カ所見ましたが、水があってもなくても、北アルプス山麓の水田には、時にコハクチョウがやって来ます。きっと美味しいワラなどがあるのでしょうね。

雪山を背景にコハクチョウの飛翔姿をカメラで撮りたいという方は多いと思いますが、コハクチョウが犀川の寝ぐらに帰るために飛ぶときは夕方です。夕方ですと、太陽はすでに西のアルプスの後ろに沈んでいますので、コハクチョウを入れて雪のアルプスを背景に入れると、逆光で白いコハクチョウが黒鳥になってしまうそうです。

そのために多くの皆さんが朝の撮影をしているそうです。早起きが苦手な私が朝飛び立つコハクチョウの撮影に挑戦したことはありませんが、冷え込んだ朝に、西を向いたカメラマンがずらりと並ぶ風景も、見ものかもしれません。

2017年は鳥インフルエンザの影響で、犀川への立ち入りが禁止されていますし、水田にも水が入っていません。犀川で餌をもらえないからかどうかは分かりませんが、水の入っていない水田へコハクチョウが訪れて、餌をついばんでいるそうです。厳しい冬を生き延びて、再び北へ帰るのは、コハクチョウたちにとっても大変なことでしょうね。

* PIXTAへのリンクは、すべて外部リンクとなります。PIXTAに登録すると、拡大画面で詳細をご覧になることができます。
 写真下の「ついついぺこ」をクリックされれば、私個人のページに飛びますので、私の他の画像もご覧になれます。


◆ 水田に映る有明山とコハクチョウの休む二月の水田83:長野県北アルプス山麓松川村・池田町・大町市境付近
松川村・池田町・大町市境付近の水田で2015年2月7日撮影


◆ 爺ケ岳と水田のコハクチョウ154:長野県北アルプス山麓松川村・池田町・大町市境付近
松川村・池田町・大町市境付近の水田で2015年2月7日撮影


◆ 爺ケ岳と水田のコハクチョウ154:長野県北アルプス山麓松川村・池田町・大町市境付近
松川村・池田町・大町市境付近の水田で2015年2月7日撮影


◆ 有明山とコハクチョウが休む二月の水田30:長野県北アルプス山麓松川村
松川村・池田町・大町市境付近の水田で2015年2月7日撮影


◆ 蓮華岳・針の木岳・北葛岳と、水田のコハクチョウ182:長野県北アルプス山麓松川村・池田町・大町市の境
松川村・池田町・大町市境付近の水田で2015年2月7日撮影


Comments