PIXTA登録写真 常念岳:長野県北アルプス山麓安曇野市から


PIXTA登録写真
常念岳:長野県北アルプス山麓安曇野市から

この常念岳は面白い山です。見る角度によって姿を変えるのですから。そう思うのは私だけかどうか知りませんが、安曇野市から見ると、こんな風に見えます。

でも松川村から見ると、もっと長く見えるのです。
松本からはどうかというと、これは松本駅を降りた時に、ぜひ確認して見てください。

常念岳には若い時に二回ほど登ったことがあります。気楽に日帰りでできた記憶がありますが、詳細は思えていません。

雪形が好きな皆さんからは「この季節に、この角度から常念岳を撮るのか」と、言われてしまいそうですね。「常念坊が確認できないじゃないか」と言う声が聞こえて来そうです。

この山の雪形を見て、昔の皆さんは農作業の目安を立てていたのでしょうけれど、私は農業をしている訳でもありませんし、念仏にも興味がありません。何が好きかって、この立体感が好きなんです。三角を手前に、奥行きがあって、家から車で松本まで移動している間に、どんどん形を変えていくんです。

常念岳のことが「安曇節」にもありました。もっとあるかと思いましたら、意外と少なく、見つけるのに苦労しました。
「登る常念豊科口の 一の沢辺は夏桜」

登山の時期に、一の沢あたりを訪ねてみたいですね。5月にはまだ「夏桜」には早いかしらね?

* PIXTAへのリンクは、すべて外部リンクとなります。PIXTAに登録すると、拡大画面で詳細をご覧になることができます。
 写真下の「ついついぺこ」をクリックされれば、私個人のページに飛びますので、私の他の画像もご覧になれます。


◆ 常念岳-16:長野県北アルプス山麓安曇野市から
2013年5月7日撮影

Comments