PIXTA登録写真 秋の味覚果実:長野県北アルプス山麓


PIXTA登録写真

子どもの頃、運動会のグランドに甘いブドウの香りが漂ってきたことを、今でも懐かしく思い出します。
今そこはブドウの産地ではありませんが、その頃グランドの近くにはブドウ畑があったのです。香りが遠くまで届くことを考えると、おそらくナイヤガラだったのではないかと思うのですが、定かではありません。

家の庭にはどこの家でもカキの木がありました。今でもあちこちの家にカキが植わっていますが、「柿の木のは登るな」と、教わってきました。枝はぶら下がるのに非常にいいカッコだったのですが、カキの木はもろいそうなんです。実家にあったのは渋柿でしたので、生では食べられなかったのですが、近くの小柿には、冬になると渡り鳥のツグミが来ていたのを思い出します。

リンゴ、カキ、ブドウ、クルミ、クリ・・・みんな子どもの頃から田舎にあったものですが、懐かし思い出がいっぱいある果実たちです。

 木になる青い栗5:長野県松川村2

子供達がまだ小さかった頃、おじいさんから北アルプス山麓小谷村産の大きな栗をもらい、それを3つ庭にまいてみました。
桃栗三年と言うように、すくすくと成長した栗の木には、いつの間にか実がなるようになりました。



 木でいがを開く栗:長野県北アルプス山麓

もうすぐ落っこちそうですね。


 いがに入った栗:長野県松川村産-4

ほら、もう収穫どきですよ。



 栗いっぱい:長野県松川村産-8

毎年たくさんなるので、友達や近所の方、歩道を歩いている方などに声をかけて、持って行ってもらってます。



 栗いっぱい:長野県松川村産-6

我が家で栗がいっぱい収穫できた時には、皮をむいて、さらに渋皮を包丁で取って、小さな袋に入れて冷凍します。
時々栗ご飯が食卓に並びますけど、ちょっとだけ幸せな気分になりますね。



 ざるにいっぱいの栗:長野県松川村産-5



 ざるにいっぱいの栗:長野県松川村産-12




 松茸と栗:長野県北アルプス山麓

秋の味覚といえば何たって松茸。香りは最高ですね。
栗ご飯と松茸の土瓶蒸しなんて、最高の組み合わせのお食事かも。



 ギンナン:長野県北アルプス山麓産-81

イチョウの木の下に行くと黄色い実が落っこちていることがありますが、その中に入っているのがギンナン。
周りの柔らかい果肉を食べるのではなく、その中の硬い皮をむいて、さらに奥に入っている種を食べるという、ちょっと変わった食べ物ですよね。




 お皿のふじリンゴ:長野県あづみ野松川村産-27

松川村はお米とリンゴの産地です。
子供たちは毎日リンゴを食べて大きくなります。

太陽の光をいっぱいに浴びた真っ赤なリンゴは美味しいですよ。

 お皿のふじリンゴ:長野県あづみ野松川村産-24

小学校一年生の時に「きょうは、りんごをたべました」、翌日は「きょうも、りんごをたべました」と書いた、絵日記を思い出します。その時から、あまり進歩していないような気がしています。



 お皿のふじリンゴ:長野県あづみ野松川村産-17



 カシグルミとキクの花:長野県松本市中山産-79

カシグルミには懐かしい思い出があるんです。
学生だった頃、彫刻の単位で彫ったのがカシグルミです。モデルのカシグルミを2週間左手に持ち、右手にはノミを持っていたのです。

作品が完成した時には、左手の指の皮が一皮むけたように薄なって、所々赤くなっていました。
その後、拙い彫刻は更に手を加え、ある美術展に出品しました。その時のニュースの画像で、真っ先に流れたのが私の作品でした。



 カシグルミ3個:長野県松本市中山産-78



 カシグルミ2個:長野県松本市中山産-76



 カシグルミ:長野県松本市中山産-71



 ふじリンゴ:長野県あづみ野松川村産-51

彫刻の時間に、何人もの人がリンゴを彫っていました。2週間ある程度形が変わらないものでも、切ればその日のうちに色も形も変わってきます。わざわざそういう過程があると知りながら、それを彫った仲間もいました。

切ったら形が変わるものなんだという認識を持って彫るので、さぞかし大変だっただろうと思います。食べる時には、切ったらお早めにお召し上がりください。


 ふじリンゴ:長野県あづみ野松川村産-50


 ふじリンゴ:長野県あづみ野松川村産-43



 ふじリンゴ:長野県あづみ野松川村産-34


 柿:長野県北アルプス山麓産

柿は豊作の年とそうでない年が交互に来ますね。なぜなんでしょうね?
この写真は2013年の撮影ですが、2014年にはこんなにも大きくなりませんでした。不思議で仕方ありません。



 ぶどう ベニバラード:長野県小布施町産-20

色も綺麗なブドウですね。でも味ときたら、とにかく非常に美味しくって、また食べたいと思わせる品種の一つです。



 ぶどう マスカット:長野県生坂村産-4


 ぶどう巨峰:長野県生坂村産-31




Comments