PIXTA登録写真 残雪と登山道:長野県北アルプス山麓大町市扇沢


PIXTA登録写真
残雪と登山道:長野県北アルプス山麓大町市扇沢

針ノ木岳、スバリ岳などへの登山道につながっている長野県北アルプス山麓大町市の扇沢。4月下旬ともなれば、雪融けとともに多くの観光客や登山者を迎えます。

4月下旬から5月にかけては、残雪や若葉の芽吹きの新緑を楽しむことができます。標高2.812メートルの北アルプス針ノ木岳は、麓の大町市内や、松川村、池田町の、限られたところからしか見ることができません。麓から見ると北葛岳と蓮華岳の間に三角になって現れます。

針ノ木岳登山口といっても、扇沢の扇沢駅付近からは見ることができません。登山道を登り、大きな駐車場まできますと、そこでようやく針ノ木だけが姿を現します。大きな駐車場には一般の車は入れませんので、扇沢駅の下の駐車場に車を止めて、登山道を歩きます。

その一般車は止めることができない大きな駐車場の登山口付近から見ますと、針ノ木岳と右側にスバリ岳が見えます。一番下の画像がそれです。右側にはさらに赤沢岳、鳴沢岳、岩小屋沢岳と続いていますが、登山口からはそんなに見えません。

赤沢岳、鳴沢岳、岩小屋沢岳を見るならば、大町市の中原町あたりに行くと山麓線の大きなクランクがあり、そこからは爺ヶ岳の左側に、上がジグザグになって、ちょっと平らなかっこいい山を見ることができます。その一連が赤沢岳、鳴沢岳、岩小屋沢岳です。

このページでは、姿を見る場所が限られている針ノ木岳への思いを馳せていただければと思っています。

* PIXTAへのリンクは、すべて外部リンクとなります。PIXTAに登録すると、拡大画面で詳細をご覧になることができます。
 写真下の「ついついぺこ」をクリックされれば、私個人のページに飛びますので、私の他の画像もご覧になれます。


残雪と登山道:長野県北アルプス山麓大町市扇沢2016.4.23-217
針ノ木岳、スバリ岳への登山道入り口 2016年4月23日撮影


残雪と登山道:長野県北アルプス山麓大町市扇沢2016.4.23-215

針ノ木岳、スバリ岳への登山道入り口 2016年4月23日撮影


 雪山と新緑の扇沢:長野県北アルプス山麓大町市 2016.5.12-162

2016年5月12日撮影


 雪山と新緑の扇沢:長野県北アルプス山麓大町市 2016.5.12-158



2016年5月12日撮影


 針ノ木岳(左)とスバリ岳を望む新緑の扇沢:長野県北アルプス山麓大町市 2016.5.12-267


2016年5月12日撮影


Comments