【(は〜ほ)長野県内で採取禁止植物の画像】

採取禁止植物の「ざっと一覧」は、画像の下にあります。

長野県内で採取禁止植物の画像ごくごく一部】:あ〜おか〜こさ〜そた〜とな〜のは〜ほま〜もや〜よら〜ろわ〜ん

画像は各種図鑑などを参照していますが間違いもあるかも知れません。お気づきの点はご指摘いただけましたら有り難いです。

《ご参考までに:ごくごく一部》

白い花ピンク〜赤紫の花青っぽい花黄色〜オレンジの花茶色〜濃い紫の花

植物名(は〜ほ)

🔴は、国内希少野生動植物種長野県希少野生動植物保護条例自然公園法で指定されています。

画像はなくても、一部長野県希少野生動植物特別指定です。

ハイマツ Pinus pumila (Pall.) Regel (マツ科・自然公園法で指定)

学名はYList参照

ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora L. subsp. nipponica (Tamura) Kadota (キンポウゲ科・自然公園法で指定)

学名はYList参照

ハクサンコザクラ Primula cuneifolia Ledeb. var. hakusanensis (Franch.) Makino (ナンキンコザクラ)(サクラソウ科・自然公園法で指定)

学名はYList参照

ハクサンサイコ Bupleurum nipponicum Koso-Pol. &オオハクサンサイコ Bupleurum longiradiatum Turcz. var. pseudonipponicum Kitag. (セリ科・両種とも自然公園法で指定)

画像はどちらかは不明学名はYList参照

ハクサンシャジン Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. kurilensis (Nakai) Kitam. (タカネツリガネニンジン)(キキョウ科・自然公園法で指定)

学名はYList参照

ハクサンダイゲキ Euphorbia togakusensis (トウダイグサ科・自然公園法で指定)

学名は山渓カラー名鑑 日本の野草 山と渓谷社参照

ハクサンチドリ Dactylorhiza aristata (Fisch. ex Lindl.) Soó (ウズラバハクサンチドリを含む)(ラン科・自然公園法で指定)

学名はYList参照

ハクサンフウロ Geranium yesoense Franch. et Sav. var. nipponicum Nakai (フウロソウ科・自然公園法で指定)

学名はYList参照

タカネセンブリ Swertia tetrapetala pall. subsp. micrantha (Takeda) Kitam.var. micrantha (リンドウ科・自然公園法で指定)

画像はハッポウタカネセンブリ Swertia tetrapetala Pall. subsp. micrantha (Takeda) Kitam. var. happoensis Hid.Takah. ex T.Shimizu 。同種はタカネセンブリの「蛇紋岩変腫」だそうですので、一応含めています。学名は長野県版レッドリスト植物編2014・YList参照

ハナイカリHalenia corniculata (L.) Cornaz (リンドウ科・自然公園法で指定)

学名はWikipedia参照

ハナノキ Acer pycnanthum K.Koch (カエデ科・長野県指定希少野生動植物)

学名はYList参照

ヒオウギアヤメ Iris setosa Pall. ex Link (1820) (アヤメ科・自然公園法で指定)

学名はWikipedia参照

ヒゲネワチガイソウ Pseudostellaria palibiniana (Takeda) Ohwi (ナデシコ科・自然公園法で指定)

学名はWikipedia参照

ヒメイチゲ Anemone debilis Fisch. ex Turcz. (キンポウゲ科・自然公園法で指定)

学名はWikipedia参照

ヒメシャガ Iris gracilipes A.Gray (アヤメ科・自然公園法・長野県希少野生動植物で指定)

学名はYList参照

フクジュソウ Adonis ramosa Franch. (キンポウゲ科・自然公園法で指定)

学名はYList参照

ベニバナイチゴ Rubus vernus Focke (バラ科・自然公園法で指定)

学名はYList参照

ベニバナイチヤクソウ Pyrola asarifolia Michx. subsp. incarnata (DC.) A.E.Murray (ベニイチヤクソウ)(イチヤクソウ科・自然公園法で指定)

学名はWikipedia参照



国と長野県指定文化財・長野県希少野生動植物に指定されている植物のみざっと一覧

上に画像がある植物は太字です。

  1. 🔴ハナゼキショウ(指希)
  2. 新野のハナノキ自生地(下伊那郡阿南町)(国天)
  3. ハナノキ(指希)
  4. 山本のハナノキ(飯田市)(県天)
  5. 長倉のハナヒョウタンボク群落(軽井沢町)(県天)
  6. 下市田のヒイラギ (高森町)(県天)
  7. 雁田のヒイラギ(小布施町)(県天)
  8. 🔴岩村田ヒカリゴケ産地(佐久市岩村田) (国天)
  9. 🔴御代田のヒカリゴケ (御代田町)(県天)
  10. 海尻の姫小松(南牧村)(県天)
  11. 🔴ヒメカイウ(指希)
  12. 🔴ヒメシャガ(指希)
  13. 樋沢のヒメバラモミ(川上村)(県天)
  14. ヒメホテイラン(特指希
  15. 塚本のビャクシン(長野市)(県天)
  16. 大野田のフジキ(松本市)(県天)
  17. 🔴ベニバナヤマシャクヤク(指希)
  18. 風越山のベニマンサクの自生地(飯田市)
  19. ホソバノシバナ(指希)
  20. 🔴ホテイアツモリ(国希)特指希
  21. 🔴ホテイラン(特指希

自然公園法で指定されている植物のみざっと一覧

上に画像がある植物は太字です。

  1. バイカアマチャ(ユキノシタ科)
  2. バイカオウレン(キンポウゲ科)
  3. ハイツガザクラ(ツツジ科)
  4. ハイツメクサ(ナデシコ科)
  5. ハイマツ(マツ科)
  6. ハウチワテンナンショウ(サトイモ科)
  7. ハカタシダ(オシダ科)
  8. ハクサンアザミ(同科)
  9. ハクサンイチゲ(キンポウゲ科)
  10. ハクサンイチゴツナギ(イネ科)
  11. ハクサンオオバコ(オオバコ科)
  12. ハクサンコザクラ(ナンキンコザクラ)(サクラソウ科)
  13. ハクサンサイコ(セリ科)
  14. ハクサンシャクナゲ(シロバナシャクナゲ、ネモトシャクナゲを含む)(ツツジ科)
  15. ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)(キキョウ科)
  16. ハクサンスゲ(カヤツリグサ科)
  17. ハクサンタイゲキ(トウダイグサ科)
  18. ハクサンチドリ(ウズラバハクサンチドリを含む)(ラン科)
  19. ハクサントリカブト(キンポウゲ科)
  20. ハクサンフウロ(フウロソウ科)
  21. ハクサンボウフウ(セリ科)
  22. ハクセンナズナ(アブラナ科)
  23. ハクバブシ(キンポウゲ科)
  24. ハクロバイ(バラ科)
  25. ハコネギク(ミヤマコンギク)(キク科)
  26. ハコネグミ(グミ科)
  27. ハコネコメツツジ(ツツジ科)
  28. ハコネトリカブト(キンポウゲ科)
  29. ハコネヒヨドリ(キク科)
  30. ハコネラン(ラン科)
  31. ハゴロモグサ(バラ科)
  32. ハナイカリ(リンドウ科)
  33. 🔴ハナゼキショウ(イワゼキショウ)(ユリ科)
  34. ハナチダケサシ(ユキノシタ科)
  35. ハナネコノメ(ユキノシタ科)
  36. ハハコヨモギ(キク科)
  37. ハマウツボ(ハマウツボ科)
  38. ハリガネカズラ(ツツジ科)
  39. ハルカラマツ(キンポウゲ科)
  40. ハルトラノオ(タデ科)
  41. ハルナユキザサ(ユリ科)
  42. ハルユキノシタ(ユキノシタ科)
  43. ハルリンドウ(リンドウ科)
  44. ハンカイシオガマ(ゴマノハグサ科)
  45. ハンカイソウ(キク科)
  46. ヒオウギアヤメ(アヤメ科)
  47. ヒカゲツツジ(ツツジ科)
  48. 🔴ヒカリゴケ(ヒカリゴケ科)
  49. ヒキノカサ(コキンポウゲ)(キンポウゲ科)
  50. ヒゲナガコメススキ(イネ科)
  51. ヒゲネワチガイ(ナデシコ科)
  52. ヒゲノガリヤス(イネ科)
  53. ヒゲハリスゲ(カヤツリグサ科)
  54. ヒツジグサ(スイレン科)
  55. ヒトツバキソチドリ(ラン科)
  56. ヒトツバショウマ(ユキノシタ科)
  57. ヒトツボクロ(ラン科)
  58. ヒトモトススキ(カヤツリグサ科)
  59. ヒナチドリ(ラン科)
  60. ヒナノガリヤス(イネ科)
  61. ヒナラン(ラン科)
  62. ヒナリンドウ(リンドウ科)
  63. ヒメアカバナ(アカバナ科)
  64. ヒメアマナ(ユリ科)
  65. ヒメイチゲ(キンポウゲ科)
  66. ヒメイワカガミ(イワウメ科)
  67. ヒメイワショウブ(ユリ科)
  68. ヒメウメバチソウ(ユキノシタ科)
  69. ヒメウラジロ(イノモトソウ科)
  70. 🔴ヒメカイウ(サトイモ科)
  71. ヒメカラマツ(キンポウゲ科)
  72. ヒメカワズスゲ(カヤツリグサ科)
  73. ヒメカンアオイ(ウマノスズクサ科)
  74. ヒメクモマグサ(ユキノシタ科)
  75. ヒメクワガタ(ゴマノハグサ科)
  76. ヒメコゴメグサ(コバノコゴメグサ)(ゴマノハグサ科)
  77. ヒメザゼンソウ(サトイモ科)
  78. 🔴ヒメシャガ(アヤメ科)
  79. ヒメシャクナゲ(ツツジ科)
  80. ヒメシャジン(キキョウ科)
  81. ヒメスギラン(ヒカゲノカズラ科)
  82. ヒメスミレサイシン(スミレ科)
  83. ヒメセンブリ(リンドウ科)
  84. ヒメタヌキモ(タヌキモ科)
  85. ヒメツルコケモモ(ツツジ科)
  86. ヒメトラノオ(ゴマノハグサ科)
  87. ヒメハナワラビ(ヘビノシタ)(ハナヤスリ科)
  88. ヒメヒゴタイ(キク科)
  89. ヒメマイズルソウ(ユリ科)
  90. ヒメミズニラ(ミズニラ科)
  91. ヒメミヤマウズラ(ラン科)
  92. ヒメムヨウラン(ラン科)
  93. ヒモカズラ(イワヒバ科)
  94. ヒモラン(ヒカゲノカズラ科)
  95. ヒラギシスゲ(カヤツリグサ科)
  96. ヒラギソウ(ヒイラギソウ)(シソ科)
  97. ビロードノリウツギ(ユキノシタ科)
  98. ヒロハコンロンカ(アカネ科)
  99. ヒロハノアマナ(ユリ科)
  100. ヒロハユキザサ(ユリ科)
  101. フウラン(ラン科)
  102. フォーリーガヤ(ミヤマチャヒキ)(イネ科)
  103. フガクスズムシ(ラン科)
  104. フキユキノシタ(ユキノシタ科)
  105. フクシマシャジン(キキョウ科)
  106. フクジュソウ(キンポウゲ科)
  107. フジオトギリ(オトギリソウ科)
  108. フジシダ(イノモトソウ科)
  109. フジハタザオ(アブラナ科)
  110. フタバラン(コフタバラン)(ラン科)
  111. ベニカヤラン(マツラン)(ラン科)
  112. ベニサラサドウダン(ツツジ科)
  113. ベニシュスラン(ラン科)
  114. ベニバナイチゴ(バラ科)
  115. ベニバナイチヤクソウ(ベニイチヤクソウ)(イチヤクソウ科)
  116. ベニバナツクバネウツギ(スイカズラ科)
  117. 🔴ベニバナヤマシャクヤク(キンポウゲ科)
  118. ホウオウシャジン(キキョウ科)
  119. ホザキイチヨウラン(ラン科)
  120. ホザキシモツケ(バラ科)
  121. ホザキノミミカキグサ(タヌキモ科)
  122. ホソエノアザミ(キク科)
  123. ホソエノヒメムヨウラン(ラン科)
  124. ホソバイワベンケイ(アオノイワベンケイ)(ベンケイソウ科)
  125. ホソバコオニユリ(タニマユリ)(ユリ科)
  126. ホソバコゴメグサ(ゴマノハグサ科)
  127. ホソバシャクナゲ(ツツジ科)
  128. ホソバタマミクリ(ミクリ科)
  129. ホソバツルリンドウ(リンドウ科)
  130. ホソバトリカブト(キンポウゲ科)
  131. ホソバノアマナ(ユリ科)
  132. ホソバノキソチドリ(ラン科)
  133. ホソバハナウド(セリ科)
  134. ホソバハナウド(セリ科)
  135. ホソバヒナウスユキソウ(キク科)
  136. ホソバミミナグサ(タカネミミナグサ)(ナデシコ科)
  137. 🔴ホテイアツモリソウ(ラン科)
  138. 🔴ホテイラン(ラン科)
  139. ホロムイリンドウ(リンドウ科)
  140. ホンゴウソウ(ホンゴウソウ科)
  141. ホンシャクナゲ(ツツジ科)
  142. ホンドミヤマネズ(ヒノキ科)

出典、参照資料は以下のとおりです。

【出典】

  • 国指定文化財( 天然記念物など)
https://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/index 文化庁ホームページより(2020年2月19日現在)
  • 国内希少野生動植物種
https://www.env.go.jp/nature/kisho/domestic/list.html 環境省ホームページより(2020年3月1日現在)https://www.env.go.jp/nature/kisho/domestic/list.html#shokubutsu 環境省ホームページより(2020年3月1日)https://www.env.go.jp/nature/np/plant_prot/index.html 指定されている指定植物の一覧 環境省ホームページより(平成28年2月8日現在)
  • 長野県指定文化財 (天然記念物など)
https://www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/bunsho/bunka/rekishi/documents/15ken-tennenkinenbutu_3.pdf 長野県ホームページより(2020年2月18日現在)
  • 長野県指定希少野生動植物・特別指定希少野生動植物 全県
https://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/hogo/kisyoyasei/jorei/documents/kisyopanhu300614kaitei.pdf 長野県ホームページより(2020年2月18日現在)
  • 長野県自然環境保全地域
https://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/koen/hozensyoukai.html 長野県ホームページより(2020年2月29日現在)
  • 長野県内の郷土環境保全地域
https://www.env.go.jp/nature/hozen/index.html 環境省ホームページより(2020年2月29日現在)https://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/koen/hozensyoukai.html 長野県ホームページより(2020年2月29日現在)
  • 自然公園法で指定されている指定植物の一覧
https://www.env.go.jp/nature/np/plant_prot/index.html 環境省ホームページより(2020年2月8日現在)https://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/koen/zyouhou.html 長野県ホームページより(2020年2月18日現在)
  • 長野県の自然公園の情報・マナー
https://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/koen/zyouhou.html 長野県ホームページより (2020年2月18日現在)

【参照資料】

  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)http://ylist.info ( 2020年3月21日).
http://ylist.info/index.html (2020年3月21日現在)
  • フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』日本語
  • 長野県版レッドリスト植物編2014
  • 山渓カラー名鑑 日本の野草山と渓谷社